不動産売買業務

不動産を売るとき

家を売るときは相続・買い替え・転勤等様々な理由が有ります、弊社ではお客様の要望に合わせ、販売時期、販売価格のご相談をさせていただきます。

売却の際の大切なポイントは
1,相場を知る
2.売るときにかかる費用
3.販売時期
4.売却方法の決定・売却

・相場を知る

家を売りたいと思われた際、一番最初に知りたい事はいくらで売却出来るのか?ということだと思います。弊社は不動産業社情報サイトレインズ等により事例より相場をお教え致します

・売るときにかかる費用

不動産業社に支払う仲介手数料、司法書士に支払う登記費用、住宅ローンが残っている場合は残金、住宅ローンを借りる際は保証料金融機関費用、売った後の税金等まずは家を売るとき必要な金額を知り、計画を立てましょう。弊社は諸費用を計算し金額をお教え致します。

・販売時期

相場、費用がわかりましたら最後はいつまでに販売するのかを考えましょう。すぐに家を売らなくても良い場合は高めに販売開始し、広告での反響を見ながら価格を探って行く方法が良いと思います。急いで販売をされる案件としては、買い替え・転勤・相続等、がございます。お急ぎの場合は買い取りをされている不動産業者等をご紹介し早めの売却をおすすめします。

・売却方法の決定・売却

弊社はお客様の事情に合わせた売出価格や売却方法をご提案させていただきます。京都で不動産の売却をお考えの方は、まずはお気軽に査定をご依頼ください。

 

不動産を買う時

家を買うときは、色々な物件を比較し、条件を考えた上での購入が大切です。
立地・価格・設備等お客様のご要望に応じた物件を共にお探し致します。

物件購入の手順は下記の通りです。

・資金計画

まずは資金の計画を立てましょう。購入に関しては物件代金以外にも登記費用・仲介手数料・不動産取得税等様々な費用が掛かりますので銀行ローンを申請される場合は総費用を考えた上でのお申込みが必要です。
弊社ではファイナンシャルプランナーが物件の購入だけでなく、今後の様々な収支の状況に応じた借入計画のアドバイスを致します。

・物件を探す

新聞折込広告、不動産ポータルサイト等のインターネット等にて複数物件の比較検討しなから購入する(したい)物件のイメージを固める事が多いと思います。
まずは弊社に購入物件のイメージをお伝えください。お客様と共に物件をお探し致します。

・購入の申込み&金融機関ローン審査等

物件購入の申込みによりその物件の商談をストップする事が出来ます。購入を前提とした申込みの為、購入者はすぐに資金調達(住宅ローンの審査)を行わなくてはいけません。

・売買契約

仲介業者より重要事項説明を受け、物件の概要と今回の取引内容を把握いただき、売り主様と売買契約を結びます。
その際の手付金をお支払いします。(※売買価格の5~10%※契約後のキャンセルは返金されません。売主よりのキャンセルは手付金の倍返しにより可能です。)

・金融機関ローンの本申込み→承認

契約後すぐに、金融機関ローンの本申込みをしなければいけません。
住宅ローンの承認を得る事ができたら決済日を確定致します。

・決済

残代金のお支払いをします。
支払いが完了した段階で物件の引渡しをします。
司法書士に所有権移転登記、抵当権設定登記を依頼します。

・リフォーム

中古住宅の場合は、引越し前にクロスの張替え等のリフォームをされる方が多いです。
弊社にてリフォーム工事を行いますのでお気軽にご相談ください。

・ご入居

現在の住まいから今回の購入物件へ引越しをします。
弊社にて提携引越し会社をご紹介致します。